Make your own free website on Tripod.com
リコールとは?教えて


 HOME

リコールの定義

国土交通省のホームページによると、リコール・改善対策とは
 欠陥車による事故を未然に防止し、自動車ユーザー等を保護することを目的とするものであり、自動車製作者等が、その製作し、又は輸入した同一の型式の一定の範囲の自動車の構造、装置又は性能が自動車の安全上、公害防止上の規定(道路運送車両の保安基準)に適応しなくなるおそれがある状態、又は適応していない状態で、原因が設計又は製作の過程にある場合に、その旨を国土交通省に届け出て自動車を回収し無料で修理する制度(リコール)です。

 また、このリコール制度の他に、自動車製作者等が、自動車等の構造、装置又は性能が基準不適合状態ではないが安全上又は公害防止上放置できなくなるおそれがある又は放置できないと判断される状態で原因が設計又は製作の過程にある場合に、その旨を国土交通省に届け出て自動車を回収し無料で修理する改善対策制度があり、これらの制度の適切な運用と情報提供を通じて、自動車交通の安全確保及び公害防止に努めることとしています。
引用元:自動車 リコール情報(国土交通省)
と定義されています。gooですね!
要するに、単に欠陥があったらただで修理しますというものではなく、「決められた基準を満たさなくなる程の欠陥により、危険や迷惑が発生する可能性がある」場合に発動される制度です。
そう考えると、それを隠蔽するというのがいかに悪質な行為であるかお分かりいただけると思います。
ちなみに三菱自動車のリコール情報ページにも、リコール/改善対策の説明が掲載されています。
内容はほとんど同じなので、国土交通省の定義を引用して書き直しているものと思われますが、面白いことにこの言葉を定義する必須キーワードの「欠陥」という言葉が削除されています。
他のメーカーも同様ですが、こういう文化なんですねえ。 >>リコール一覧 - 三菱自動車